家庭から出された不用品のその先は

不用品回収されたその先はどうなっているのか知りたい

いったいどこへ行くのか回収後の不用品

ではいったい回収された不用品は最終的にどこへ行って処分されるのでしょうか、自治体などではその行き先に関しては公示もなくまったく我々にはわからない状態といえます。
通常ゴミであれば自治体指定のゴミ処理所で焼却か埋め立てで処分されることは自治体も公示しています、一方不用品に関しては回収業者の一存になってしまい、悪質な場合はリサイクルショップなどに利用がまだできるものは転売されて店頭に並んでいることもあるそうです。
ただこれは現在はモラルの問題で違法行為ではありませんので、自分の依頼した不用品をキチンと処分してもらいたい際には業者を選ぶ必要があります。
このように不用品回収業者には色々な形態がありますので、出す側としても十分調べる必要があります。

不用品回収のその先はどうなっている

では不用品の回収後のその先ですが、認可をしっかり受けている業者であれば、家具や家電の場合は状態をしっかり確認し再利用ができるものは自治体や回収業者自体で再販することもあります、痛みがひどく、再利用できないものは粉砕処理し、材料として生まれ変わります。
書類や新聞紙、雑誌の類は分類され粉砕処理の後、ダンボールなどの紙製品に再利用されます。
パソコンやスマートフォンなどの場合は部品にレアメタルという高価な金属部品が含まれています、貴重な金属なのでこれは再利用の対象になりメーカーに転売されたり再生品として部品に利用されます。
このように信頼できる業者に回収してもらえばそれらは適正な形で処分され再利用にも有効に活用されています。
業者をしっかり選んで正しく不用品を処分しましょう。


TOPへ戻る